赤い糸

プロポーズに有利な指輪は

花嫁

今人気の指輪

プロポーズする時に必要な婚約指輪は自分の気持ちを相手に伝える大切なものです。どういうものを贈って良いのか迷っているというのでしたら手作りの婚約指輪がお勧めになっています。婚約指輪というと給料数ヵ月分というコストが必要になってくるという考え方が多かったのですが、ここ最近は上記の考え方に加えて手作りの婚約指輪が若い世代を中心に人気で選ばれるようになってきています。手作りの婚約指輪を贈るメリットは世界でたった一つしかない指輪を相手に贈れるということで、プロボーズを一生の大切な思い出にしたいという場合や結婚したいという自分の気持ちをより相手に伝えやすいということがあります。また、手作りの婚約指輪はリーズナブルなものから高価なものまでと幅広くなっている点もコストの面をそれほど気にせずに選びやすいというメリットもあります。手作り婚約指輪を作ろうとする場合、手先が器用じゃないから上手に作れるかどうか不安という声もありますが、プロの職人がデザインや制作過程まできっちりとバックアップしてくれるようになっているうえに、予算に応じて使用する金属や宝石などについても相談に乗ってもらえるようになっています。手作りの婚約指輪をプロポーズで相手に贈る場合の事前に考えておいた方がよいことには、手作りの婚約指輪が完成するまでの日数のことがあります。事前に制作に必要な日数を計算しておき、素敵な手作り婚約指輪をプロポーズで贈るようにしましょう。

愛を形にしよう

婚約指輪は価格で評価されることもありますが、愛の証はけっしてお金に縛られるものではありません。最近では、手作りの指輪を作ることでこれからの結婚生活を楽しむ良いきっかけになるでしょう。もちろん、手作りの指輪でもプロの指導があるお店がたくさんあります。

カラット数で選ぶ指輪

婚約指輪を手作りする時は、使用することも考えて保管や使いやすさを重視しましょう。宝石は小さな物が使いやすく人気となっています。たとえ小さくとも、クラリティやカットグレードが良い物を選べば宝石としての価値は損ないません。また宝石はダイヤモンドが加工もしやすく、婚約指輪を手作りするのにもおすすめです。

指輪の値段

婚約指輪を手作りするときには0.3カラットのダイヤモンドを使う人が多く、バランスが取れるため指輪の見た目が良くなります。0.3カラットのダイヤモンドで婚約指輪を作ると、30万円程度の予算が必要になり、カラットが大きくなる程値段も上がります。