リング

指輪の値段

男女

カラットで値段が変わる

手作りで婚約指輪を作ることで世界に一つだけの特別な指輪になるため、婚約するときに贈る指輪として相応しいです。婚約指輪を手作りするときには、素材として使うダイヤモンドを選ぶ事になりますが、ダイヤモンドの重さはカラットで表されます。カラットは大きさや量の単位と間違うことが多いですが、重さを表す単位なので婚約指輪を手作りするときには、カラットの意味を知っておきましょう。手作りの婚約指輪で使うダイヤモンドは、カラットの数字が大きいほど重くなるため、値段も高額になります。婚約指輪を手作りするときに使われるダイヤモンドは、0.3カラットが最も多く使われています。0.2カラット未満のダイヤモンドで、手作りの婚約指輪を作ることも可能で、軽いダイヤモンドを使うことで他の部分に費用をかけられます。また同じカラットのダイヤモンドでも、透明度や色や研磨の品質によって、ダイヤモンドの値打ちは大きく変わります。そのため手作りで婚約指輪を作るときのダイヤモンド選びでは、カラットだけに注目するのは避けて、自分や相手の好みで決めましょう。0.3カラットのダイヤモンドを使って、婚約指輪を手作りした場合の費用は、30万円前後が相場になります。0.3カラットのダイヤモンドは貧相に見えないサイズで、婚約指輪を手作りするときに丁度良いサイズです。また0.3カラットのサイズがあることで、婚約指輪を手作りするときのデザインに幅が広がります。